NFT 仮想通貨

【簡単解説】NFTまだ知らないの?NFTの正体と買い方ガイド

最近SNSで話題になっている「NFT(エヌエフティー)」。

 

一番話題になったのは、2021年3月にアメリカのBeeple氏のNFT「Everydays:The First 5000 Days」が約75億円で落札されたというニュースですかね。

 

最近ではサッカーブラジル代表のネイマール選手がNFTを購入したりNIKEが「RTFKT」とのコラボNFTスニーカーを公開したり、日本人向けに作られたNFT「CNP」がかなりの人気を博しているなどかなり話題が絶えません。

 

風船膨らましてる猿みたいな画像がNFTです。

 

 

 

 

そんな話題たっぷり大盛り上がりのNFTを「難しそう」「よくわかんないな」と遠ざけてしますのは非常に勿体無いです

 

今回はそんな人たちのために、初心者でもわかりやすいようにNFTを解説していきます

この記事でわかること

NFTとは何か

NFTをの魅力は?

NFTの取引方法

 

※NFTの購入には仮想通貨が必要です

仮想通貨の購入は無料で口座開設ができ最短翌日から取引が可能な「コインチェック」がおすすめです。

いますぐコインチェックの口座開設を行う方はこちらから

NFTとは?

 

NFTとは「Non-FungibleToken」の略で日本語にすると「非代替性トークン」といいます。

REI
「非代替性」は替えが効かない。「トークン」はブロックチェーン技術を使った暗号資産の総称のことだよ

 

代替性と非代替性の例

 

代替性

  • お金
  • 電子上の画像やイラスト
  • 市販されているもの

 

非代替性

  • 本人のサイン入りのスニーカー
  • 世界に一つしかない絵画

 

今までのネットの世界では誰のものかという証拠がなかったのですが、NFTは今誰が持っていて今までどんな人が持っていたかという全ての情報がわかります

 

保有者が自分であれば世界に一つしかない自分だけの保有物だと誰がみても認めてくれるということです。

 

NFTの魅力

NFTの魅力は大きく分けて3つです

NFTの魅力

  • 唯一無二の価値を証明できること
  • 所有者を明確にできる
  • 自分の作品を売ること

 

一つずつ解説していきます。

 

1. 唯一無二の価値を証明できる

NFTが注目を集めた1番の理由がこの価値の証明ではないでしょうか。

 

なんで価値を証明する必要があるの?

 

インターネットにはたくさんの画像イラスト絵画また、音楽動画などがあり、それらは誰でも見ることができたり、視聴したりすることができます。

 

一方でそれらのものは、改ざんやコピーが容易にできてしまい、無限に増やすことができたり、著作権の侵害に値したりなど、その価値を証明することが難しいという問題点があります。

 

REI
誰でも気軽に簡単にアクセスできる反面、悪用する人がいるということだね

 

本物やその本人のものと偽物では価値がまるで違うのにデジタルで作られたものは、本物か偽物かの区別はつきません。

 

これでは本来価値のあるものが正当に評価されにくいですよね。

 

その本物と偽物を区別できるような技術がNFTなのです。

 

NFTの登場でこれまで区別ができなかった本物と偽物を区別し、そのものは唯一無二であることの証明にもなります。

 

2.所有者を明確にできる

今までは、

  • 漫画
  • ゲーム内のアイテム
  • 画像やイラスト
  • 音楽

など、誰のものかを証明することはできませんでした。

 

NFTの登場でそれらが可能になりました。

 

あなたが「A」というデジタルアートを持っているとします。

 

作品Aに紐付くNFTを発行することで、あなたが作品Aを保有しているという証明ができるようになります。

 

この、「僕が作品Aを持っている所有者です!」という特別感がNFTの業界を熱くした一つの理由です。

 

3. 自分の作品を売ること

NFTは作品を買うことだけではないんです。

 

自分の作品を売ることもできます。

 

「仮想」だの「暗号」だの「ブロックチェーン」だの難しくて自分には無理

そんなあなたでも大丈夫です。

 

NFTは、作成したデジタルデータをブロックチェーン上に紐付けることで誰でも利用することができるんです。

 

音楽や絵画、動画やイラストなどは全てデジタルデータに変換することができるので、現実で作成した作品(例:鉛筆で書いた絵、手紙など)を全てNFTとして取り扱うことが可能です。

 

このような技術が、歌手やアーティストの価値を上げると注目を集めており、NFT市場は今後も拡大していく可能性大です。

 

NFT売買の実際の例

ここで、実際にどんなものが売れているのか紹介します

75億円のNFT

2021年3月11日

 

冒頭でも出てきた「Everdays:The First 5000 Days」。こちらはBeepleとして知られるアーティストの作品です。

 

販売開始初期の値段はなんと1万円ほど。それが$6900万(当時約75億円)となんと75万倍!!

 

なぜそんな額なったかというと、作者が「この作品が世界初のNFTアートだ」と主張しているためです。

3億円のツイート

2021年3月22日

ツイッター社CEOのジャック・ドーシー氏が自身最初のツイートをNFTにし、約3億円で販売し落札された。

3億円で購入したエスタビ氏はOpenSeaでオークションにかけたが高値がつかず。

日本人向けのNFT

冒頭で紹介した日本人が初めて購入するNFTとして最近人気急上昇中のCNPだ。

 

2022年5月15日に発売されるとわずか1時間で22,222体のNFTが完売。

 

当初の販売価格は0.001EHT(約=230円)で販売されたが2022年6月6日時点で0.198EHT(=約45,540円)にまで高騰中!

 

NFTの購入方法

NFTの購入にはNFTが必要

NFTは円では購入できず「イーサリアム(EHT)」が主な取引通貨として使われています。

 

購入の流れ

  1. イーサリアム(EHT)の購入
  2. 仮想通貨ウォレット(MeraMask)を作成する
  3. イーサリアム(EHT)をウォレット(MetaMask)に送金する
  4. Open sea(オープンシー)などのNFTマーケットとウォレットを連携させる
  5. 購入したいNFTを選択して購入する

 

1.イーサリアムの購入

まずは取引に欠かせない「イーサリアム(EHT)」を購入します。

 

もし仮想通貨の取引口座を持っておらず、これから口座開設を行う方は無料で口座開設ができる「コインチェック」がお勧めです。

 

 

 

2. 仮想通貨ウォレット(MeraMask)を作成する

次は購入したイーサリアム(EHT)を入れておく「仮想通貨ウォレット(財布)」を作ります。

 

NFT購入では「MetaMask」というウォレットがよく使用されますので今回はMeta  Maskの場合の方法を説明していきます。

 

僕はアプリ上で取引しているのでアプリのやり方を解説します。

 

apple store」または「GooglePlay」で「MetaMask」をダウンロードしてください。

参考

画像引用:InvestNavi by FISCOさん

アプリを開いたら「開始」を押しアプリを始めます。

まずは、「パスワードの作成」を行います。

パスワードは非常に大切なので忘れないようにメモに残したりスクショを撮っておくようにしましょう。

 

 

パスワードの設定が完了したら、ウォレット保護のための「シードフレーズ」の設定を行いうます。

 

これは、アカウントを復元させる際に必要になります。

 

 

次に、シードフレーズを確認します。

 

こちらもパスワード同様メモに残したり、スクショを撮って必ず残しておくようにしましょう。

すべての手続きが終わったらMetaMaskの設定は完了です。

 

3. イーサリアム(EHT)をウォレット(MetaMask)に送金する

次に、各種仮想通貨取引所で購入したイーサリアム(EHT)をウォレット(Meta Mask)に送金します

 

継続してコインチェックでのやり方をご紹介します。

 

1. 「ウォレット」を押し「イーサリアム(EHT)」を選択します。

 

 

2. イーサリアム(EHT)の残高が表示されたら、真ん中左の「送金」を選択します。

 

 

3. 送金先を入力します。「宛先」を登録している方は登録してある宛先を選択し、送金先のサービス名(今回はMetaMask)。

 

登録されていない方は、以下の手順でMetaMaskの登録を行なってください。

4. 先ほどインストールした「MetaMask」を開きます。

 

下の画像の「Acoount 1」の下のところをコピーします。

(アプリを開いて以下の画面にならない方は左上の三本ラインを押してウォレットを選択すると以下の画面になります。)

5. コピーをしたら「Coincheck」のアプリに戻り、宛先の新規追加を選択します。

 

送金したい通貨を「イーサリアム(EHT)」に設定しラベルと宛先を入力します。

ラベル:今回の場合「Meta Mask」

宛先:先ほどMetaMask上でコピーしたもの

 

入力がおわったらSMS認証用コードを送信し自分のスマホ宛に送られてきたコードを入力して宛先の新規追加の完了です。

 

 

6. 新規追加が済んだらこちらの送金画面で宛先を選択し、「送信先のサービス名」「受取人種別」「送金額」を入力して次へ進みます。

 

7.「申請内容の確認」にて、送金先や送金額、手数料に誤りがないか確認し、二段認証を行い、「申し込みを確定」で終了です。

 

注意ポイント

コインチェックからMeta Maskへの送金は一律0.005EHTの手数料が発生します。

個別ではなくまとめて送金するのがお勧めです。

 

4. Opensea(オープンシー)などのNFTマーケットとウォレットを連携させる

次に、MetaMaskとOpenseaを連携させる方法です。

 

これはすごく簡単なのですぐに終わります。

 

1. MetaMaskを開き、「左上」の三本線をタップします。

 

2. メニューが出てくるので「ブラウザ」をタップします。

 

MetaMask上のブラウザが起動し検索欄が出てきますのでそこへ「Opensea」と入力します。

 

3. 検索結果一番上のサイトを開きます。

サイトを開き、今度は「右上」の三本線をタップします。

 

すると、以下の画面になるので「connect wallet」をタップします。

 

 

 

4. 「MetaMask」を選択しサイトに接続したら終了です。

 

 

5. 購入したいNFTを選択して購入する

最後に購入の仕方を解説していきます。

 

1. OpenSeaの検索マークを押し購入したいNFTの名前を検索する

(今回はCNPで進めていきます。)

 

2. NFTサイトが出てきたら、欲しいNFTを探します

 

 

3. 欲しいNFTをタップします

 

参考

僕が実際に購入したCNPはこちら

 

4. 「Buy now」をタップし購入画面に進みます。

欲しいNFTを見つけることができたら、タップし下にスクロールします。

 

「Buy now」のボタンが出てきますので選択します。

 

注意ポイント

「Buy now」の画面が出てこない場合は保有者が出品していないので「オファー」してみましょう

 

 

5. 金額やガス代を確認し「Checkout」します。

 

 

以上で晴れてNFTデビューです!おめでとうございます!

 

仮想通貨を始めるならコインチェックで!

NFTの購入に必須の仮想通貨。

 

初めて購入される方は、無料で口座開設ができ最短翌日から取引が可能な「コインチェック」がおすすめ!

 

-NFT, 仮想通貨
-, , ,