人気記事 仮想通貨

【コインチェック】初心者向けビットコインの買い方や始め方徹底解説

 

最近テレビなどで「仮想通貨」「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」が話題です。聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか?

・仮想通貨に興味はあるけど始め方がわからない?

・仮想通貨投資の買い方がわからない

 

などの悩みを持っている人は多いと思います。

 

REI
僕もこの前までその1人でした!

 

今回は、超初心者の方でもすぐに購入できる方法と、そもそもビットコインとは何かという解説を行なっていこうと思います。

 

まずは、ビットコインについての理解が深まると別の仮想通貨も理解しやすくなります!

 

最後まで読めば、ビットコインについての知識が付き資産を形成できるようになります!

 

この記事でわかること

  • ビットコインとは何か
  • ビットコイン(BTC)を買うための口座開設方法
  • ビットコイン(BTC)の買い方

 

REI
この記事は、専門用語は避けて解説していますので投資経験0、知識0の人でも理解しやすくなっています!

 

ビットコインを投資を行うなら初心者でも使いやすい「コインチェック」がおすすめ!

無料で口座開設ができ最短で翌日から取引を開始することができます。

いますぐコインチェックの口座開設を行いたい方はこちら

 

 

ビットコインとは

 

ビットコインとは、サトシ・ナカモト氏という人物が2008年に論文で発表し、世界で初めてブロックチェーン技術を用いて取り引きされた暗号資産です。

 

参考

実際の論文(日本版英語版

 

ブロックチェーンはビットコインの最も基盤となる技術で、ブロックが1本の鎖のようになっており、ビットコインの取引履歴が全て見れるようになっています。

 

 

取り引きのデータをブロックで管理し、それらを1つのチェーン状にし、分散して管理していることからその名がつきました。

 

全ての取り引き記録はチェーンでリンクされているため、誰でも閲覧・管理が可能です。

 

サイバー犯罪などの不正はすぐに見つかり痕跡を追うことができるので安全性が高いです。

 

ビットコイン(BTC)を買うための口座開設方法

ここからは、実際に口座開設をどのような手順で進めていくかを実際の画面を使いながら解説していきます。

 

簡単な流れ3ステップ

  • コインチェックの仮登録
  • コインチェックの本登録
  • 本人確認書類の提出

 

コインチェックの仮登録

今回は、初心者でも使いやすい「Coincheck 」での口座開設方法を説明していきます。

 

 

 

Coincheckをお勧めする理由

  1. 初心者でも使いやすい
  2. 暗号資産の扱い種類が豊富
  3. スマホのアプリが便利

 

 

まずは、

Coincheckの公式サイトやアプリ上でメールアドレスを入力し、仮登録を行います。

 

 

コインチェックの本登録

入力したメールアドレスにメールがきていることを確認します。

(来ていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。)

 

メール内にあるURLを読み込み本登録完了です

 

REI
これで登録はおしまいです。簡単!

 

コインチェックへ本人確認書類の提出

 

続いて、電話番号認証を行います。リンクをクリックすると上記のような画面が表示されます。

本人確認書類を提出する」をクリックし、次の操作に進みます。

 

 

番号をフォームに入力するとスマホにSMSが届きますので、それに記載されている番号を入力してください。

 

一つの電話番号で複数の認証はできません。

 

SMSを入力すると個人情報の入力画面、本人確認書類の提出・アップロードの画面へと進んでいきますのでお間違いのないように入力を進めてください

 

本人確認に必要な書類

以下のいずれかが必要です

  • 運転免許証(表裏)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表裏)
  • 特別永住者証明書(表裏)
  • 運転経歴証明書(表裏。交付年月が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表裏)
  • 個人番号カード(表のみ)*通知カードは利用不可

 

これにて本人確認は終了です。

 

コインチェック側の審査にしばらく時間がかかります。審査が完了し承認となれば全ての機能を使うことができるようになります。

 

コインチェックでビットコインを買う方法

次に、ビットコインの購入方法を解説していきます。

 

ビットコインの買い方簡単2 Step

  1. コインチェックへの日本円入金
  2. ビットコイン購入

 

1. コインチェックへの入金(スマホアプリ)

本人確認が完了したら、コインチェックへの入金をおこなっていきます。

 

ビットコインなどの暗号資産を購入する場合は日本円をあらかじめコインチェック内のウォレットに入金して置く必要があります

 

 

まず、下の「ウォレット」→「入出金」をタップします。

 

 

この画面に切り替わったら、「入金」をタップします。

 

 

Coincheckでは

銀行振込

コンビニ入金

クイック入金

 

の3種類があり、アプリまたはWebから入金が可能です。

 

※コンビニ入金・クイック入金は2022/7/13より一時停止

今回は、銀行振込のやり方を説明します。

 

・GMOあおぞらネット銀行

・住信SBIネット銀行

 

どちらかを選択します。

*どちらのネット銀行でも同じように反映されます。

 

 

それぞれの銀行にコインチェック内の口座情報が表示されます。

 

口座の情報を間違えないように気をつけながら操作を続けてください。

 

振り込み時の注意

  • 振り込み情報(支店名、口座種類、口座番号など)に誤りがある場合、正常に反映されません
  • 旧姓名義や本人名義であってもアカウントを登録したときと名前が異なる場合、他人名義の扱いになり正常に反映されません
  • 住信SBIネット銀行への振込時には、振込人名義を「ユーザーID ご本人様名義」に変更する必要があります。

 

2 ビットコイン購入(スマホアプリ)

 

円の入金は済みましたか?いよいよビットコインの購入です。

 

今回は、スマホを使った購入について紹介していきます。

 

簡単な流れ

  1. 「販売所」をタップし「ビットコイン」を選択
  2. 緑色の「購入」をタップする
  3. 金額を指定し「日本円でBTCを購入」→「購入をタップする」

 

 

購入」をタップすると購入画面に移行します。

 

ここで金額の指定を行います。(ウォレットに入っている金額が上限です)

 

 

金額の指定をして「日本円でBTCを購入」をタップし「購入」します。

 

これだけの操作でビットコインの購入が可能です

 

ここに注意

  • 購入する銘柄(今回はビットコイン)に間違いはないか
  • 購入金額に間違いはないか
  • 日本円がウォレットに入金されているか

 

購入後は安全管理のため二段認証の設定を行いましょう。

 

ビットコイン(BTC)購入の手数料(コインチェックの場合)

ビットコインを購入するにあたり、各種手続きには手数料が発生します。

 

各種手数料種類

  • 日本円入金手数料
  • ビットコイン出金手数料
  • ビットコイン送金手数料

 

日本円入金手数料

日本円の入金には一部手数料が発生することがあります。

 

先ほど説明した「銀行振込」の場合は、各種金融機関の振込手数料が発生します。が、コインチェックでの手数料は無料です。

 

実際に使用する金融機関や時間帯、曜日などで手数料が異なる場合がありますので、事前に調べておくことをお勧めします。

 

ビットコイン(BTC)出金手数料

ビットコインを日本円に戻したいときはコインチェック上で出金の手続きをしなければなりません。

 

出金の上限は一回5,000万円までで、出金の際には手数料が発生します。

 

コインチェックでの発生手数料は一律407円です。

 

ビットコイン(BTC)送金手数料

コインチェック口座から入金用のアドレスを使うことで、MetaMaskなどの他の口座に暗号資産を送金できます。

 

その際にかかる手数料はビットコイン(BTC)では

  • 0.0005BTC(2022年6月現在:約205円)

となっています。

 

ビットコインの価格次第ではこの日本円の額が大きくも小さくもなりますのでご注意ください。

 

今からビットコインを始めるならコインチェックで!

実際に僕も使っていて、PCやスマホから簡単に資産形成ができ、画面も見やすく初心者にはお勧めです!

 

口座の開設や実際の購入までの操作もシンプルでわかりやすので、これから始める初心者の方でも安心して購入できます!

 

\無料で口座開設・最短翌日から取引開始/

-人気記事, 仮想通貨
-, , , , ,