Wordpress

【超簡単】Google アナリティクスをWordPressで使う2つの方法

・wordpressでサイト作成したけどアナリティクスの導入方法がわからない・

・そもそもアナリティクスってなに?

 

こんなお悩みはありませんか?

 

せっかく書いたブログたくさんの人に見てもらいたいですよね。

 

たくさんの人に見てもらうためには、いいブログを書きそのブログにどのくらいの人がどのくらいの時間見て何をしたのかを知り、改善していく必要があります。

 

その情報を知ることができるのが「Googleアナリティクス」です。

 

この記事では、Googleアナリティクスとは何かということから、実際に導入する方法まで解説していきます。

 

この記事でわかること

  • Googleアナリティクスとは?
  • Googleアナリティクスをwordpressに導入する方法

 

 

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクス(Google  Analytics)とはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。(基本無料で使えます)

 

具体的にどんなことが解析できるのか

  • どの位の人がサイトを見に来ているか
  • どこからきて(Web、SNSなど)、wordpressのサイト内をどのくらい回っているか。
  • サイトを見にきた人はどこに在住していて、どんな端末でサイトを見ているのか

などがわかります。

 

繰り返しになりますがGoogleアナリティクスは無料でサイトを解析してくれるツールになります。

 

自分のサイトにどのくらいの人がどこからどのくらい滞在しているのかがわかるので、どんな対策をするべきか、何をするべきなのかを明確にすることができます。

 

導入しない手はないですね。

 

Googleアナリティクスをwordpressに導入する方法

 

アナリティクスに登録してもwordpressのサイトの解析はしてくれません。

 

WordPressとGoogleアナリティクスを連携させる必要があります。

 

Googleアナリティクスの登録方法から導入方法まで以下で丁寧に解説していきます。

 

簡単な流れ

  • Googleアナリティクスの登録
  • プロパティの作成
  • GoogleアナリティクスとWordPressの連携

 

Googleアナリティクスの登録

Googleアカウントの作成

Googleアカウントを持っている人は「次に」進んでください。

 

Googleアカウントを持っていない人は

アカウントの作成から行います。

 

名前」、「ユーザー名」、「パスワード」を入力します。

「パスワード」は半角英字、数字、記号を組み合わせて8文字以上で作成してください。

 

「次へ」を押し、表示された入力欄に必要事項を記入し、プライバシーポリシーに同意してください。

 

プロパティの作成

Googleアナリティクスの画面を開き、「さっそく始める」をタップします。

 

アカウントの選択画面に変わりますので、作ほど作成したアカウントまたは既存のアカウントを選択してください。

 

 

アカウントの設定」でアカウント名を入力し、チェック項目を確認し「次へ」を選択します。

 

プロパティの設定」で「プロパティ名」「」「通貨」を選択し、「詳細オプションを表示」をタップします。

 

 

ビジネスの概要」でそれぞれ当てはまるものを選択し「作成」ボタンをタップします。

 

 

Googleアナリティクスの利用規約」で国を選択し、利用規約に同意できる場合は「同意する」をタップします。

 

「GDPRで必須となる処理規約にも同意します」のチェックも忘れずにおこなってください。

 

データストリームの追加

次に、「データストリーム」の追加を行います。

 

今回は、WordPressでのアクセス解析を行う人向けなので、「ウェブ」を選択します。

 

 

すると、「データ ストリームの設定」が開きます。

 

「ウェブサイトのURL」で自ブログのURLとストリーム名を入力します。

 

「ストリームの作成」を押したら作成完了です。

 

 

タグ設置をする

タグ設置の方法は以下の二つです。

 

タグの設置方法

  • プラグインで設置する
  • Affinger 6の設定を使って追加する

 

それぞれ説明していきます。(結論から言うと二つ目の方が簡単です

 

プラグインで設置する

1. 「site kit by Google」を追加

 

WordPressの「ダッシュボード」から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

site kit be Google」と検索します。(画像に出てるGoogleマークのプラグインが出てくると思います。)

「インストール」→「有効化」で完了です。

 

 

2. 設定を行う

 

次に、「ダッシュボード」の下にある「site kit」を選択します。

Googleアナリティクスを設定」をタップします。

すると以下のように「アカウント」や「プロパティ」が表示されます。

 

アカウントやプロパティを確認し、「アナリティクスの構成」をタップし完了です。

 

 

Googleアナリティクスの画面に戻り、数字が反映されていれば設定完了です。

(反映されるまで多少時間がかかります。)

 

Affinger6の設定を使って設置する

この記事も「Affinger 6」を使って作成しています。

[blogcard url="https://affinger.com"]

 

1. 「Googleアナリティクス」から測定IDをコピーする

 

先ほど登録したGoogleアナリティクスを起動します。

 

GAの場合

左下の管理画面から「データストリーム」を選択。

自身のブログのURLが出てきたら右の「>」をタップします。

 

 

測定ID」が出てくるのでコピーします。

 

 

UAの場合

左下の設定画面を開きます。

 

真ん中の「プロパティ」のところの、サイト名のカッコ内(UA~)をコピーします。

 

 

または、「プロパティ設定」から確認することもできます。

 

 

2.「Affinger 6」上での設定

 

WordPressに戻ります。

 

「ダッシュボード」→「Affinger管理」→「Google・広告/AMP」

を選択。

 

アナリティクスコード」に先ほどの「測定ID」を貼り付けます。

 

「保存」を押して終了です。

 

 

 

3. 連携の確認

 

再度、「Googleアナリティクス」を開き、数値に変動があるか確認します。

(反映には時間がかかることがあります。)

 

 

まとめ

今回は、WordPressへの導入方法にフォーカスして解説していきました。

 

無料で使えるツールで、自サイトのフィードバックがもらえ、サイトの改善に重宝するので必ず導入するようにしましょう。

 

このブログはサーバーは「ConoHaWING」、テーマは「Affinger 6」を使っています。

 

\ConoHa WINGの登録はこちらから/

 

 

-Wordpress